スポンサーサイト

    --年--月--日 --:--

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    『海洋天堂』を見てきました。

    2011年09月09日 18:04

    水曜日は、映画が女性の日で安かったので~

    横浜黄金町にある、ジャック&ベティにいってきました。


    中国の映画で、アクションスターのジェット・リーがギャラはいらないから演じたいといった映画。


    水族館に勤める父には、自閉症の息子がいる。妻はすでに亡くなっている。

    ある日、父親は、肝臓がんの末期で余命3か月と医者から告知を受ける。

    自閉症の息子を一人残して、どうしたらよいか、自分の命を削るように、施設を探したり、

    一人で生活できるようにと、日常生活のいろいろを教えていく。


    チンタオの美しい海と、水族館の魚たち・・・


    うまく言葉にできない息子、焦る父との、ちょっとした心の行き違いや、心に触れ合いや、信頼・・・



    号泣するタイプの映画ではありませんが、あちこちからすすり泣きが聞こえてくるような映画でした。


    父も息子もせつない気持ち、ひとの優しさや、現実の重みなど・・・


    本当に、とてもいい映画でした。


    チャンスがあったら、ご覧になってください。


    テレビでもかけて欲しい、多くのひとに見て欲しい映画でした。




    自分は、今の家族に、優しくないなぁ~


    と、つくづく思いました。(普通の毎日を、もっと感謝して、生きていかないとね・・・反省・・・)




    少しだけ、中国語も聞きとれて、うれしかった・・・


    スポンサーサイト

    『ノルウェーの森』を見てきました。 【更新】

    2011年01月13日 09:49

    昨日は、水曜日。


    隣町の映画館は、レディースディで1000円で映画が見られます。


    気になっていた、『ノルウェーの森』を見てきました。


    一言でいえば・・・


    とても綺麗な映像でした。


    ん十年まえに読んだ、原作は、ほぼ忘れ・・・


    あの頃は、感動し共感したのですが・・・


    どんな内容だったか、うろ覚え・・・



    でも、キャスティングはよさそうな・・・


    内容は・・・あまり軽くないですよね。


    アジア系のフランス国籍の監督らしく、映像が綺麗で~


    ただ、内容にのめり込む前に、私は、いろいろとツボが~


    1960年代後半。


    私の記憶とよく重なり・・・


    時代考証がよくできていて~

    洋服、車、細かい家庭の道具全てに行きとどいていて、ツボ!


    それに、脇役が~

    ド・ストライク


    教授役の、糸井重里。レコード店店主の細野晴臣。門番の高橋幸弘。


    思わず、笑いました。

    (もう一人を思はず、探してしまう私でした。)


    と、まずはここまで。



    レッドクリフ

    2008年12月11日 16:57

    昨日、やっと『レッドクリフ』を見てきました。


    これだけは、映画館で見ないといけないと思っていました。


    いや~行ってよかったです。


    私は、中華圏の俳優さんの名前は、詳しくないのですが~


    もちろん、トニーさんもいいんですが~


    私は、孫権役の張震と趙雲役の胡軍がかっこよかったです。


    映画そのものは、もちろん、これでもかってくらい、てんこ盛りでしたし、


    迫力もあったし、映像もきれいだったし、3時間が短かったです。


    早くpart2を見たいです。



    でも、なぜか・・・金城さんは・・・とくにかっこいいとは感じないんです。


    ジェリーさん好きな方、金城さん好きな方いますよね~


    でも、私は、やっぱり魅力を感じないのです。


    『レッドクリフ』はよかったですよー


    迷っているかたは、是非ご覧ください。





    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。